Page 7 of 27: « 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 »





バッファとかウィンドウとかをさくさくきりかえたい on xyzzy

Posted at Fri, 06 Nov 2009 in computer::xyzzy

バッファ、ウィンドウ、フレームの切り替えについて標準のキー割り当てがどうにもしっくり来なかったので自分用に設定メモ。
たいていはバッファとフレームのツールバーを表示しています。バッファは縦表示。(ドラッグでぐりぐりひっぱって左端に持っていって縦にして、「共通設定」−「表示」のタブバーを横書きにするにチェックを入れる)

設定後は以下のようになります。(2009/11/26追記)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; ■ バッファをさくさく切り替えたい(改変版)
;; http://www9.ocn.ne.jp/‾y-kwsk/luvtechno/xyzzy.html#next-buffer
(setq *next-buffer-in-tab-order* t) ; バッファ移動をタブ順に
(global-set-key #¥C-PageUp 'previous-buffer) ; 前のバッファに移動
(global-set-key #¥C-PageDown 'next-buffer) ; 後のバッファに移動

;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; ■ ウィンドウをさくさく切り替えたい(改変版)
;; http://www9.ocn.ne.jp/‾y-kwsk/luvtechno/xyzzy.html#other-window
(global-set-key #¥C-S-PageUp 'move-previous-window)
(global-set-key #¥C-S-PageDown 'other-window)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; ■ フレームの切り替え用ショートカットキー
(global-set-key #¥M-S-Right 'other-pseudo-frame)
(global-set-key #¥M-S-Left 'previous-pseudo-frame)

バッファバーを表示している場合には以下の設定もしておくとわかりやすいです。

(setq *next-buffer-in-tab-order* t) ; バッファ移動をタブ順に


howm-wrap でキーワードサーチに Hyper Estraier を利用する on xyzzy

Posted at Fri, 16 Oct 2009 in computer::xyzzy

タイトルの通りです。以前書いた記事(howm の検索に Hyper Estraier を使ってさらに速度改善 on xyzzyHE-grep を使って howm のデータを検索する on xyzzy)のリンク先が NotFound のため、 howm-init.l に追記すれば良いであろう部分を抜き出しました。
現在検証環境がないので未検証です。またコードについても私が書いたものではないので引用ということで。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; ■ howm-wrap でキーワードサーチに Hyper Estraier を利用する
(defvar *howm-view-HE-grep-command* "estcmd search -ic CP932 -vh -gs -max -1 -ord @title")
(defvar *howm-view-HE-grep-index-dir* 	 "C:/bin/xyzzy/.estraier-mode/casket") ;インデックスの保存されているディレクトリを指定

(defun howm-view-grep (str file-list &optional fixed-p)
  (when (stringp file-list)
    (setq file-list (list file-list)))
  (when *howm-view-force-case-fold-search*
    (setq str (downcase str)))
  (cond (fixed-p
	 (howm-view-HE-grep str))
	(howm-view-use-grep
	 (howm-view-real-grep str file-list fixed-p))
	(t
	 (howm-view-fake-grep str file-list fixed-p))))

(defun howm-view-HE-grep-initialize-buffer (buffer)
  (set-buffer buffer)
  (erase-buffer buffer)
  (set-buffer-fold-width nil)
  (setq need-not-save t)
  (setq kept-undo-information nil)
  (setq auto-save nil))

(defun howm-view-HE-grep (str)
  (let ((search-backward-f #'search-backward)
	(file-list (ed::read-HE-recent-save-files howm-directory))
	tmpbuf no-dup f)
    (save-excursion
      (setq tmpbuf (get-buffer-create "*howm-view-HE-grep-temp*"))
      (howm-view-HE-grep-initialize-buffer tmpbuf)
      (execute-shell-command (ed::format nil "‾A ‾A ‾A" *howm-view-HE-grep-command*
					 (map-slash-to-backslash *howm-view-HE-grep-index-dir*) str) nil tmpbuf)
      (set-buffer tmpbuf)
      (goto-char (point-min))
      (while (scan-buffer (compile-regexp "^URI: file:///¥¥(.+$¥¥)")
			  :no-dup no-dup)
	(setq no-dup t)
	(setq f (si::www-url-decode (match-string 1)))
	(setq f (substitute-string f "|/" ":/"))
	(when (file-exist-p f)
	  (pushnew f file-list :test #'equal)))
      (delete-buffer tmpbuf))
    (mapcan (lambda (file)
	      (howm-view-fake-grep-file str file search-backward-f))
	    file-list)))


TwitterIrcGateway を使い、xyzzy の irc-mode を使って Twitter をしている人向け ReTweet

Posted at Tue, 15 Sep 2009 in computer::xyzzy

TwitterIrcGateway(以下TIG)の ReTweet 機能がうまく動かないので、irc-mode 側で実装してみました。~/.irc ファイルに追記して使います。

「現在カーソルがある行のつぶやき」をとってきて、書式を整えてくれるだけの簡単なお仕事です。TIG で TypebleMap を使用していることを前提としているので、動かない場合は8行目の正規表現を修正するなどしてみてください。

2009/12/10 修正:正規表現の部分を若干修正しました。

(defun tig-retweet ()
  "ReTweet"
  (interactive)
  (irc-check-connection)
  (irc-dialog-check-joined)
  (let (prompt msg)
	(goto-bol)
	(when (scan-buffer "^[0-2][0-9]:[0-6][0-9] <\\([A-Za-z0-9_]+\\)> \\([^]+\\)\\([0-9]+([a-z]+)\\)?$" :regexp t :no-dup nil) ;;現在行の発言をとるための正規表現
	  (setq prompt (format nil "ReTweet - ~A: "
						 (or irc-dialog-private
							 (irc-channel-name irc-dialog-channel))))
	  (setq msg (read-string prompt :default (concat msg " RT @" (match-string 1) ": " (match-string 2))))
	  (irc-dialog-post-buffered-privmsg (or irc-dialog-private
											(irc-channel-name irc-dialog-channel))
										msg))))
;キー設定。Ctrl-c i r に設定してあります。
(defvar *irc-prefix* '(#\C-c #\i))
(add-hook '*irc-dialog-mode-hook*
		  #'(lambda ()
			  (local-set-key `(,@*irc-prefix* #\r) 'tig-retweet))
		  )


ポメラを触ってきました

Posted at Mon, 08 Jun 2009 in computer

テキスト入力専用ガジェット、キングジム発売の「ポメラ」を店頭で触ってみてきました。買うつもりはそんなにないのですが(主に金銭的な理由などで)テキストでメモを取りたいときには便利だという噂を聞いたので。

ちなみにAmazonだと現在 限定カラーは2万円弱ですが定番色は1万6千円ぐらいで買えるようです。(店頭価格はヨドバシだと2万円強)以下触ってみた感想です。

買うとしてネックとなるのはやはり値段と重さですね。ネットブックよりはもちろん軽いんですが、今の自分の鞄の重量を考えると若干躊躇してしまう重さではありました(本を減らせばいいのか)。かなり魅力的ですが今ひとつ購入に踏み切るには至らないポメラでした。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10オレ トワイライトオレンジ

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」数量限定生産カラー DM10アオ ターコイズブルー



iMovie と DVD Flick で旅行の記録をDVD化してみた記録

Posted at Tue, 26 May 2009 in computer

10日間ほどのイタリアツアー旅行に参加してきたので、暇つぶしというか趣味というか面白そうだったのでその記録を DVD video に残してみました。

用意した素材

旅行先で撮ってきた写真(JPEG)、動画(MOV)、あとそれっぽくするためにホームページのスクリーンショットやイタリア地図の画像、BGM(イタリア出身ということでヴィヴァルディを選択)

作成した素材:かんたんなナレーション(合成音声)

Windows 上で Wav 形式で作った物を用意したらボリュームが小さくて全く使い物にならなかったので、Mac で作り直し。iSpeech というソフトを利用して音声は princess、速度をやや遅めにしました。
あとはテキストで起こした文章をひたすらコピペ→保存の繰り返しで大量に AIFF ファイル(音声ファイル)を作成。

動画を作成

まずは iMovie に時系列別にどんどん画像または動画を放り込んでいきます。画面の下にタイムラインが三行あるのですが、その一番上にD&Dで入れていきます。左下のボタンから簡単な効果がつけられるので適度につけたりつけなかったり。

次に二行めのタイムラインに音声ファイルを投入。画像にあわせて流れるようにタイミングを調整しながら入れます。画像ファイルと同時よりは、少し遅れたほうがなじみがいいかも? 画像表示の長さが音声より短い場合には表示長をのばしたりもします。
音声投入の段階になってきたら前に戻って長さの変更をしたりということがないようにということに注意して作業をしたほうが良さそうです。変更箇所以降の修正が面倒なので・・・。

最後に三行目に BGM を入れます。BGM の長さが長そうだったらあらかじめソフトでカットしておいて、最後はフェードアウトさせるなどするのがスマートです。長いままいれると映像が終わった後も音楽だけ流れるという間抜けな動画ができあがります。写真ではなく動画の部分は音声も入っているので、ボリュームを絞りました。

AVI ファイルの書き出し。

同じく Mac の iDVD を使えば DVD 作成ができる(DVD イメージ作成もできる)のですが、試行錯誤していまいちうまくいかなかったのとそもそも DVD の焼けないドライブなので、Windows 環境に移動します。
そのために動画ファイルを書き出します。今回は AVI 形式で書き出しました。
ファイル-書き出しで QuickTime 形式を選択し、ムービーの圧縮形式で詳しい設定を選択。 共有を押して出て来る保存画面の書き出しで「ムービーからAVI」を選択し、オプションボタンのビデオの設定で、動作のフレーム/秒を再高品質にして、圧縮プログラムの品質を高に設定(最高でも良かったかもしれない)サウンドは特にいじらず、非圧縮のデフォルトのままにしました。これでOKを押して前の画面で保存を押すと AVI ファイルが書き出されます。今回20分ほどの動画でしたが、おおよそ1時間半ほどかかりました。

DVD video を作成

以降 WindowsXP マシンでの操作です。

比較的操作がやさしそうでフリーの DVD Flick というソフトをダウンロードしてインストール。flv ほかいろんな形式の動画を放り込んで DVD 作成ということができるようなので、かなり便利で直感的だと思います。日本語化もできるのですがそこまで手間をかけなくても何とかなりそうだったので英語のまま作業しました。ですが参考にしたサイトは一般的に日本語化して説明しているので、以後英語での表記(日本語での表記)という書き方にしてあります。注釈も括弧で書いているので紛らわしいのですが。

ポイントとしては project setting(プロジェクト設定) の General(一般設定) で Encoder priority(エンコード優先順位)を Normal 以上にあげておくこと(この作業をメインにするなら。必須ではない)、ビデオ設定のターゲットフォーマットがNTSCになっているのを確認すること(重要)それと Encoding profile(エンコード品質)を Best にしました。
Audio(オーディオ設定) はとくにいじらず、Playback(再生設定)では好みで Loop to first title when done playing last(最後まで再生したら、最初からループ再生する)にチェックを入れます。今回はループ設定なし。
Burning(書込設定)では Create ISO image(ISOイメージを作成する)と Burn project to disc(プロジェクトをディスクに書き込む)にチェック。Disc label(ディスクラベル)に適当な名前を付けて、Drive は自動認識、Speed(速度)は DVD の対応速度がわからなかったので安全を期して一応4x。
その他に Automatically erase disc if it is rewritable(RWディスクを自動的に消去する) にチェックがはいっていますが DVD-R なので関係なし。一応念のため Verify disc after burning にチェックと、便利なので Eject tray when done にチェック。焼き終わった後にデータのチェックをしてもらってディスクを排出してもらうように設定しました。

Menu Setting(メニュー設定)でDVDのメニュー画面の設定。動画がひとつだけなので、Enable menu(メニュー表示を有効) のチェックを外しました。メニューを利用したい場合はここにチェックをつけて、Auto-play menu(自動再生メニュー)にチェックを入れ、Show subtitle menu first(字幕メニューを表示する) と Show audio menu first(オーディオメニューを表示する)のチェックは外して良いようです。プレビューを押すとメニュー画面がプレビューできるのでこの機能はぜひ iDVD に欲しい……。(プレビューはあるけれどクリック等ができないので)

ここまで設定したらメディアをドライブに入れて Create DVD(DVD作成)ボタンを押し DVD に焼きます。ファイルまで作ったらあとは ImgBurn に投げて ISO ファイルを作り、DVDに焼いているようですが、全部自動でやってくれるのであまり関係ない話です。Encoding ほかもろもろでかなり時間がかかるのでご注意ください。

完成

そんなわけで DVD video が完成です。が、再生してみるとぶっちゃけかなり画質が悪くなっていました。どの段階で劣化していったのかは不明ですが、次に作る機会があったら改善したいと思います。
それともうひとつ、合成音声が同行人には聞き取りづらかったようで宇宙人が喋っているみたいだねというお言葉を……頂戴しました。たぶんここをソフト等でなんとかするのは大変なので次回は恥を忍んで自分でナレーションを入れようかと思います。
とにかく映像編集には大変な手間と労力を要するということを実感した作業でした。でもとても楽しかったです。



ヘッドセットは消耗品? ということで新規購入

Posted at Wed, 29 Apr 2009 in computer

Skype 用のヘッドセットがまたしても壊れたので購入。イヤホン付近のケーブルの皮膜がはがれたのがおそらく原因です。よく考えたら原因が明確に壊れたのってはじめてかも。
こんどもダイソーですが630円のものです。前回は100円か300円ぐらいのものがあったのに、今日行ったら500円からになっていました。携帯電話用のは100円からあるのに残念。
今日話してみた感じでは、マイクはあまり声を拾ってくれてないようです。会議などで支障が出るかもしれません。
ケーブルを巻き取ってくれる機能はパソコン周辺が片付くので便利なのですが、巻き取り部分が重いので善し悪しですね。



USB ハブ購入

Posted at Wed, 22 Apr 2009 in computer

マウス、ヘッドセット、デジカメクレードル、外付けHDD、とパソコンに USB 接続したいものがふえてきたので、ポイントで USB2.0 4ポートハブを入手しました。1280円。
上のものとほぼ同じなのですが型番は BSHU1WHBB で色はホワイトです。コンパクトで使いやすく便利なのですが、唯一気になるのが点灯するランプが赤だということ。別にエラーというわけでもないんだからせめて緑だと良かったのですが。