Page 2 of 5: 1 2 3 4 5 »





津田大介『Twitter社会論 新たなリアルタイム・ウェブの潮流』を読了

Posted at Thu, 28 Jan 2010 in book



谷崎潤一郎『細雪』新潮文庫刊

Posted at Tue, 26 Jan 2010 in book

細雪 (上) (新潮文庫)

細雪 (上) (新潮文庫)
谷崎 潤一郎
新潮社 / ¥ 540 (1955-11-01)
 
Amazonで詳細を見る


細雪 (中) (新潮文庫)

細雪 (中) (新潮文庫)
谷崎 潤一郎
新潮社 / ¥ 620 (1955-11-01)
 
Amazonで詳細を見る


細雪 (下) (新潮文庫)

細雪 (下) (新潮文庫)
谷崎 潤一郎
新潮社 / ¥ 700 (1955-11-01)
 
Amazonで詳細を見る


十年くらい前に読んだのを引っぱり出してえいえいと読んでいたのがようやく読了。以前読んだときは見合いばかりしている話だという印象が強かったのですが、読み返してみるとそこまで多くはなく(それでも少ないということはないけれど)、どちらかというと幸子、雪子、妙子の、四姉妹の内の三人の女たち(残りの一人は長女の鶴子ですが他の三人と比べてあまりに出番が少ない)の人間らしい生々しい生態を、きらきらしい出来事や雅やかな衣をまといつけつつもどこか執念深い筆致でもって綴っていて、同じ作者の『』などにも通じるようなものがあるような感想を持ちました。

というのは物語の冒頭から語られる姉妹の『B足らん』(ビタミンB欠乏症)であったり、幸子の妊娠であったり、見合いの度に取りざたされる雪子の目の縁のシミであったり、さらには幸子の娘の悦子の猩紅熱や妙子の大病であったりするのですが、彼女たちの身体のことについて実に事細かに書かれています。たぶんこれを年表にでも書き付けながら読むとそれはそれでおもしろくもなりそうですが、年に似合わぬ若作りで華やいだ旧家の姉妹をこの世に誕生させておいて、金襴緞子の絵巻物ですまないところがこの小説のひと癖もふた癖もあるところではないかと思います。



今野緒雪『マリア様がみてる』シリーズ一気読み。

Posted at Mon, 21 Dec 2009 in book

シリーズ当初のヒロイン福沢祐巳のお姉様、小笠原祥子様が卒業して、物語が一区切りついたので『マリア様がみてる』まとめ読みしました。さすがに最初からは大変なので、途中から…と思ったらあまり切りが良くなかった。やっぱり最初から読めば良かったなぁ。
金平糖のたくさんつまった可愛らしい包みのようなストーリーです。

以下読んだ分だけメモ。スピンアウト『お釈迦様もみてる』は、弟の福沢祐麒が主役ですが、少女レーベルらしく必ず表紙に祐巳がいます。

マリア様がみてる

お釈迦様もみてる

ついでに。

このエントリを書くにあたって マリア様がみてる - Wikipedia を参照したのですがこの記事はシリーズの途中から ISBN がすべて間違っているようでした。



桑田乃梨子『日々之敗北』をまったり読んだ

Posted at Wed, 02 Dec 2009 in book

日々是敗北(GUM COMICS)

日々是敗北(GUM COMICS)
桑田 乃梨子
ワニブックス / ¥ 882 (2009-09-19)
 
Amazonで詳細を見る


桑田乃梨子は私が作家買いするマンガ家の1人です。ゆるゆるエッセイなのでお風呂の友などにおすすめ。日常ごとをつらつら描いたマンガです。書き下ろしあり。

似たようなテイストのエッセイコミックとしてこっちもおすすめです。愛猫にょろりとの出会い編も収録。



リリー・フランキー 『東京タワー』

Posted at Thu, 10 Apr 2008 in book

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
扶桑社
売り上げランキング: 10569

友人が貸してくれたので、東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を読みました。
全体的に淡々とした文章で、時系列もそれほどきれいに並んでいるわけでもなく、思いついたままに書いたような小説だと感じましたが、それでも若干セピア色がかっていて、リリー・フランキーの見たそのままの風景だということは本当によくわかりました。



G.ガルシア・マルケス「幸福な無名時代」

Posted at Thu, 20 Sep 2007 in book

幸福な無名時代 (ちくま文庫)

幸福な無名時代 (ちくま文庫)
G. ガルシア=マルケス
筑摩書房 / (1995-03)
 
Amazonで詳細を見る


:

お酒の名前にもなっている『百年の孤独』を読んでガルシア・マルケスの壮絶さに???となってしまったのですが、新潮社から装丁が素敵なコレクションが出ていたのでやっぱりマルケスを読みたいと思って、ちくま文庫『幸福な無名時代』に手を出してみました。
百年の孤独』は長編小説ですが、こちらはマルケスが記者をやっていたころのルポルタージュ集。ルポルタージュなのですがところどころフィクション的なそれも含むという不思議な様相を呈していました。 それでもとても読みやすいし、マルケスの入門としてとても読みやすいのではないかと思います。

百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))


木堂 椎『りはめより100倍恐ろしい』

Posted at Wed, 05 Sep 2007 in book

りはめより100倍恐ろしい

りはめより100倍恐ろしい
木堂 椎
角川書店 / (2006-02-22)
 
Amazonで詳細を見る


「リハメ」という不思議な語感につられてこの本に興味を持ちまちた。正確には「いじ『り』『は』いじ『め』より 100倍恐ろしい」、なのですが、そんなタイトルだったらきっとこの本は購入しなかったでしょう。 
ストーリーはそれほど難しくありません。「いじられるキャラ」(=「いじり」)にならないように必死でうまく立ち回ろうとする主人公、それは彼がかつて「いじり」にあったことがあるからにすぎない。オビに「すべてがケータイで書かれた世界初の小説」と書かれているように、作者のおそろしいまでにリアルな描写に引き込まれてしまう。多分それはもう上手い,下手、そういう次元を超えた先にある物がこの小説を先へ先へと読ませてしまうのだと思います。

「いじり」も「いじめ」の一種である。
読み終わったときの私の感想はこれでした。そんなの、日本のどこにでも蔓延しているんじゃないか。部活で、サークルで,会社の飲み会で,そして TV の中で。
それに関わってないなんて私は口が裂けても言えない。でも、誰もが傷つかずにおもしろい話をして場を盛り上げられるのなら、本当にそれに越したことはない。それだけは強く強く思いました。

りはめより100倍恐ろしい (角川文庫 こ 28-1)
木堂 椎
角川書店
2007-08
定価 ¥ 460
powerd by Amazon360