Windows のデータのサルベージをあきらめました

Posted at Fri, 26 Oct 2007 in computer

Win 機の HDD がクラッシュしたらしいという記事の続き、のその後の顛末です。

壊れた HDD をなんとか外部ストレージとして認識できないものかと友達に IDE-USB 変換ケーブルを借りるなどして頑張ってみたのですが、どこをどうやっても中のデータが見えない。

最後のよりどころとして HDD 復旧専門の会社に持っていって見積もりをお願いしたら35万円とか出たので、ようやくふんぎりがつきました。

さよなら 40GB のデータたち。バックアップの重要性が身にしみすぎて泣けてきます。

ただ、今回、本当に助かったのはさまざまな Web サービスのおかげでネット上においてあるデータが増えていて、消えなかったこと。たとえば del.icio.us のブックマークだとか Gmail のメールとか、Google ドキュメント上に保存していた文書やスプレッドシート。 それから自分で借りているレンタルサーバにバックアップしていたもの。
このデータを失ったら復旧するのに本当に時間がかかる、そういうデータがたまたま Web 上にあったことで生き残ってくれていたりしました。

常に最高に良いプログラムを作り続ければ、それが最良のバックアップ対策になる、と誰かが言っていました。大学時代にデジカメで撮った写真は消えてしまったけれど、これからまた、新しい写真をどんどん撮っていけばいいのだと思います。

でも、Mac のデータが消えたときにも、それ以前、もっと昔に同じようにデータを失ったときにも思ったことですが、データが消えたというのはデータが消えたというただそれだけの話なのです。たとえばネットで知り合った人とのつながりとか、文章を書いた、プログラムを作ったという事実とか、そういうものは消えない。本当はそれだけで感謝しなくてはいけないことなのかもしれません。
そして、今回私を助けてくれた友達にも、本当に感謝。



Win から Mac に MP3ファイルを持ってきて、タグが文字化けする場合

Posted at Wed, 24 Oct 2007 in computer::mac

Windows のマシンから Mac OS X の iTunes に MP3 ファイルを移動すると、曲名などが文字化けしている場合があります。
そんなときは一旦 Windows 側で iTunes に取り込んで音楽を選択し、右クリックから「ID 3 タグを変換」をクリックして「Ver2.3」を選択してからエクスプローラでもう一度開いて Mac に移動してやるとだいたい文字化けが直るみたいです。



Mac 用の MSNメッセンジャーにはフォルダ共有機能はない

Posted at Tue, 23 Oct 2007 in computer::mac

image Windows Live メッセンジャーには「共有フォルダ」機能があって、ファイル送信よりも便利に複数のファイルを共有できるのですが、Mac 用のメッセンジャーをダウンロードして試してみたところ、どうもその機能はないようです。
普段利用しているのが Adium というメッセンジャーソフトだったので、気がついていませんでした。

便利な機能なのではやく対応してくれないかなぁ。



京王音楽祭 〜心に残る名曲玉手箱〜

Posted at Mon, 22 Oct 2007 in theater

image チャリティーコンサートでC席500円という安さにつられて東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートに行ってきました。
会場はオペラシティのコンサートホールでバルコニー席でしたが、ひさびさにクラシックのコンサートで音の波に浸ることができました。こういう価格帯のコンサートがもっとたくさんあるといいのになぁ。

演目はこんなかんじでした。

神秘の北欧からロシアへ

どこかで聴いたあのメロディ



Apple Store にチャット機能がついている!

Posted at Fri, 19 Oct 2007 in computer

image MacBook をプロジェクターにつなぐ必要があるかもしれない、ということで変換ケーブルを購入しないといけない(かも)ということで Apple Store に行ってみたのですが、何を買ったらいいかよくわかりません。困って適当に検索などしていたところ、左上に「チャット」という項目があることに気がつきました。

ためしにクリックしてみたところ、アップルの担当の人が登場。チャットで問いあわせて無事目的の商品がどれなのか知ることができました。

image

ちなみに探していたのは以下の商品。

B0000DKBIAは、ItemIdの値として無効です。値を変更してから、再度リクエストを実行してください。

コールセンタにかけるより気軽に、ちょっとした質問ができます。待たされることもほとんどありませんでした。標準では画面に「チャット」の文字が表示されず、検索して(「ケーブル」で検索しました)すこしタイムラグをおいてから表示されるみたいです。



京都大原・音無の滝〜来迎院〜三千院〜寂光院

Posted at Mon, 15 Oct 2007 in life

連休を利用して京都へ行ってきました。

京都駅からバスで1時間ほどゆられて大原へ。京都駅の北東、山野の趣きがあります。
まずは一番時間のかかりそうな音無の滝へ。三千院の脇の道をひたすらひたすら…もういいやと思えるほどに歩いて行くとようやくたどり着く終点が音無の滝です。道中ほとんど何もなく、ただ緑がまぶしくきれいで、時間を忘れるような場所でした。
音無の滝は思ったよりも小さかったですが、道中の風情がとても素敵だったので来てよかった、と実感。

帰りに寄った来迎院はひとけも少なく、そこが逆に良かったです。本堂にあがることができ、近くで仏像を観ることができましたが、空気が掃き清められているような静寂で落ち着いた空間でした。

続いて三千院…の予定でしたが、匂いに負けてみたらし団子を食べました。ここのみたらし団子がものすごく!おいしかったです。
三千院は大きめのお寺で、子供向けにスタンプがあったり、無料の写経体験ができたり、あちこちで御朱印帳に記帳してくれたりとサービス精神満点でした。中庭を眺め、それからかなり広いお庭を散策しました。
三千院を出たあとは向かいのつけもの屋さんでお土産を購入。

ここでおなかがすいたのでいったん昼食。なぜかこの界隈にはそば屋が幅を利かせていたのが印象的でした。食べたのは重ねそば。茶そばなのですが、上の段に刻み海苔がかかっているのはともかく下の段にかかっていたのがかつおぶし……。はじめて見ました。

最後にバス停から反対側にある寂光院。ここは平家物語にも登場する建礼門院が生涯を終えたお寺だそうです。コスモス畑や所々に咲く彼岸花、ススキを眺めながら途中なぜかある温泉街を通り抜けて辿り着いたのは小さな尼寺でした。
ここは近年火事で本堂が焼失してしまい、それを復元修理したそうで、とても色彩豊かな仏様でした。当時の色を再現したとのことです。

バス停に戻る頃にはそろそろ日が暮れ始めていました。紅葉にはまだまだ早い時期でしたが、久しぶりに緑の中を散策できてとても満足した一日でした。



xyzzy で割り算の結果を小数表示にする

Posted at Thu, 04 Oct 2007 in computer::xyzzy

xyzzy で電卓を使うときに、割り算の結果が小数になるようにする設定方法。

電卓モードにしてから出力形式を設定します。

$ set ratio=float

詳細は「Calc-modeのManual」に書いてあります。



たそがれる旅に出たい。映画「めがね」

Posted at Wed, 03 Oct 2007 in theater

「たそがれる、というのは、この辺の習慣か何かですか?」
「そんなたいしたものじゃありませんよ。癖みたいなもの」。

「めがね」—— なにが自由か、知っている。

めがね

ゆったりとした、ゆるやかな時間が流れる空間。そこに集う人々。そういうやさしいものたちを描いた映画「めがね」を観てきました。
映画についてはほとんど予備知識なく行ったのですが、こころが休まるのにとてもよい映画でした。格段にドラマティックなストーリーがあるというわけではなく、むしろそのほとんどが観客を置き去りにしたままストーリーはすすんでしまうのですが、映画館という非日常の空間で見ることができて良かったです。

それにしてもごはんがとてもおいしそうな映画でした。すぐあとに昼食のスケジュールを決めておいて良かった…。

主役の小林聡美はもちろんですが、(私が好きな加瀬亮もとても良かったのはおいといて)、もたいまさこさんがすごく素敵なキャラクターで、私もカキ氷を食べたり、朝起こされたり、メルシー体操したり、朝ごはんや夕ご飯を一緒に食べたり、あの空間の中に飛び込んでいきたい、と本当に心のそこから思いました。

銀座テアトルシネマの初回9:30という、私としてはありえないぐらい早い時間の回に行ったのですが、それでも会場はほぼ埋まっていて、次の回に至ってはチケットがとれるかわかりません、と言われているほどの混みようでした。(劇場がそれほどおおきくないというのもありますが…)
これから観る人は注意が必要です。

おまけ

この映画を観て思い出した本が数冊ありました。
見事に食べ物の本ばかりですが、 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』は小説。料理に関するエッセイが『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』。『サルビア給食室だより』は料理のレシピ本です。

それからはスープのことばかり考えて暮らした それからはスープのことばかり考えて暮らした
吉田 篤弘
暮しの手帖社 (2006-08)

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる 巴里の空の下オムレツのにおいは流れる
石井 好子
暮しの手帖社 (1954-01)

サルビア給食室だより (ブルームブックス) サルビア給食室だより (ブルームブックス)
ワタナベ マキ
ソニーマガジンズ (2006-05-10)



qwik.jp を使い始めてからそろそろ2年

Posted at Tue, 02 Oct 2007 in computer

qwik.jp という、メーリングリストと Wiki を兼ね備えたシステムを使い始めたのが、2005年の10月ごろのようなので、そろそろ丸2年目になります。

ということで、自分なりにどういう使い方をしているかをまとめてみました。