Page 2 of 2: 1 2





北斎展 on 国立博物館

Posted at Fri, 02 Dec 2005 in arts

上野の国立博物館まで北斎展を見に行ったところ、60分待ちでした。
事前に電話で聞いたときは15~20分ぐらいですよ、と言われたのですが、たぶん一番混む時間帯だったんでしょう。休日の昼間だったのであきらめて列に並びました。

ようやく中に入ると、当然のごとく中も大混雑。
北斎を見に来たのか人を見に来たのかわかりません。まぁ自分もそのうちの1人のわけですが。

diary.yuco.net さん

浮世絵ってサイズが大きくないし線が細かいから、近くに寄って見ないと意味がないので、みんな顔をくっつけんばかりにして見るのだ。
という記述がありましたが本当にその通りで、大物(掛け軸とか)の前なんかはけっこう空いているのです。たぶん離れても見られるので、1度にたくさんの人が見るからなんでしょう。
一番混んでいたのは後期前半、いかにも「北斎」的な版画のあたり~冨嶽三十六景ぐらいまででした。

とても点数が多くて(総数なんと約500点)、最後のほうになるとだんだん体力が減って早足になってきます。北斎漫画なんかはかなりすっとばしてしまいました。ほんとうに多作な人だったんだな、ということを改めて実感します。
そして、もらった目録を見ると、世界のあらゆる美術館に所蔵されているということに驚きました。とても有名な美術館から、きいたこともないような異国の美術館まで、世界中で鑑賞されているということを感慨深く思います。

最後のひとつ前に展示されていた作品は、けぶる富士を背に天に昇ってゆく龍の掛け軸でした。好きな作品なのでひさしぶりに見ることができてうれしかったです。
また東京で北斎展があるときいたら行くだろうな、とふと思いました。

とても混んでいるときいてあまり気が乗らなかったのですが、行って良かったと思います。
会期は12月4日まで。

URL

北斎展 -最高の北斎500点 世界から集結
http://www.hokusaiten.jp/index_jp.html
北斎展@東京国立博物館
http://diary.yuco.net/20051201.html#p01
ほぼ日刊イトイ新聞 -北斎先生!
http://www.1101.com/hokusai/