Page 37 of 46: « 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 »





あらしのよるに

Posted at Tue, 10 Jan 2006 in theater

セカチュウ、イマアイ、電車男、春の雪、ときて純愛ブームに続く映画はこれしかないと思います。
「あらしのよるに」。

あらしのよるに、真っ暗な小屋の中で出会ったた子ヤギのメイとおおかみのガブ。お互いに相手がヤギ/オオカミだと信じたまま、二人は闇の中で自分と相手がそっくりなことにおどろきながらも親交を暖めます。そして嵐はやんで、二人は翌日また会うことを約束してから互いの住む山へと帰っていきます。明くる日再会した二人はお互いの正体を知ってびっくりしますが、嵐の夜に育てた友情は食う・食われるの関係ぐらいで壊れたりしないのでした。

というわけで一応友情のストーリーと銘打ってはあるのですが、その密度はもはや愛情クラス…Like ではなくて Love の物語なのです。
映画を見ながら私は思わず余計な心配をしてしまいました……この映画(童話)を見て育った子どもたちがこの2人の関係を基準にしてしまわないだろうか、と。

古いところで言えば要するに「ロミオとジュリエット」的な結ばれてはいけない2人の物語なのですが、人間同士だとさすがに食物連鎖の関係は発生しないわけで……映画を見ているとこの子ヤギが本当においしそうに見えてしまうので、オオカミのものすごい忍耐力に驚嘆してしまいます。そして子ヤギののほほんっぷりにちょっとハラが立つのです。

食べようか、食べるまいか……恋愛においてこんなクエスチョンが見られる映画はたぶんこれだけだと思います。ここで食べればお腹いっぱいになる。ここで食べれば生き延びることができる…でも食べちゃったらこの「ひみつのともだち」はもう世界のどこにも存在しなくなる……。

映画館に行くとお子様がにぎやかな場合もあるかもしれないのでビデオで借りるのがいいかもしれません。
おすすめです。



新年明けましておめでとうございます

Posted at Fri, 06 Jan 2006 in life

多少出遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
良い一年になりますように!

元旦は善光寺へ初詣に行ってきました。
曇りがちの雪国にしては嬉しくなるようないいお天気。

参拝客の列の脇になんだか長い列があるな~、と思ったらおみくじです。
私も並んでしゃかしゃか振ってきました。
吉でした。

それにしてもおみくじって、どこでひいてもだいたい似たような紙に似たような印刷で出てきます。
書いてあることは古いけれど紙は新しいし印刷もぴかぴかなのでもちろんどこかで作られているはず。
今年の運勢もそうですが、おみくじ業界の謎も気になる年頭でした。



劇団四季・ミュージカル『オペラ座の怪人』

Posted at Thu, 29 Dec 2005 in theater

前回 CATS を観たときの予定通りに劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』を観てきました。

劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』はオペラ座の地下に住む怪人と若く美しい女性歌手クリスティーヌ、彼女の幼馴染のシャニュイ子爵の3人が繰り広げる三角関係が描かれる悲恋の物語です。
ガストン・ルルーによる原作『オペラ座の怪人』(原題:Le Fantome de l'Opera・1910年発表) にイギリスの作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが曲をつけて1986年にロンドンで初演されたもので、世界中で一番ヒットしているミュージカルとも言われるほど人気が高いそうです。

会場は汐留にある四季劇場[海]。いつも思うんですが四季劇場って[春][秋][海]なのはなんでなんでしょうか。夏と冬は?
けっこう大きいホールでした。比較対象が専用とはいえ仮設劇場だった CATS だからかもしれませんが、舞台がかなり遠い印象をうけます。B 席だったので余計遠かったというのもあるんですが。

観終わったあとすぐの感想は「あれ?」でした。あれ、これで終わりなんだ? という印象。そして疑問が次々と噴出して納得できない……という結論に。なんでクリスティーヌはあそこであの行動をとったのか? 結局怪人はなんでああいう行動をしたのか? わからない部分がけっこうありました。それも物語の細部ではなくてメインストーリーの部分でも。

というわけでストーリーとしては釈然としない物語であったにもかかわらず、ミュージカルとしてはとても素晴らしかった! と思わざるを得ないのが余計に釈然としないのですが、音楽がとても良かったです。

感情を伝える手段としての音楽ってすごい! ということをつくづく感じました。怪人の歌う悲痛な調べやクリスティーヌの澄んだ歌声がずっと余韻として残っている感じです。

この勢いでもって映画も観ようと TSUTAYA に行ったのですが、25本ぐらいある DVD がすべて貸し出し中でした。

Links

オペラ座の怪人 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/オペラ座の怪人
劇団四季 ステージガイド オペラ座の怪人
http://www.shiki.gr.jp/applause/operaza/



タグをファジーに検索できる検索エンジンがあったらいいな

Posted at Wed, 28 Dec 2005 in computer

folksonomy といったり タギングと言ったりあるいは単にタグといったりする「メタデータとしてタグを付与して管理する」方式はタグをつけた本人にとってはつかいやすいけれど他人にとってはつかいづらいということも多いと思うのですが、そういうタグの「ゆらぎ」を吸収してくれる検索エンジンがあってもいいんじゃないかとふと思いました。

software で検索したら 「ソフトウェア」「フリーソフト」「シェアウェア」「アプリケーション」といったタグがついているデータも一緒に表示してくれると便利じゃないかと思うのです。
あるいは「花」で検索したら「ひまわり」も「さくら」も「桜」も「彼岸花」も「コスモス」も検索できる、というようなイメージです。

検索画面には検索窓と検索ボタンともうひとつスライダーがあって、スライダーを右に動かすとより広い意味での検索を行ってくれるし、一番左だと本当にそのタグがついたデータしか検索してくれない、というふうに自分で範囲を決められる感じで。

タギングされたデータの串刺し検索エンジンのニュースを見ての思いつきでした。



ブックミュージカルとブックレスミュージカル

Posted at Thu, 22 Dec 2005 in theater

以前、劇団四季のCATSを観たときに

ミュージカルといっても、演劇系のストーリーのあるものを期待していくとおそらくがっかりすると思います

という感想を書いたことがあるのですが、Wikipedia のミュージカルの項目をを見ていたら CATS はストーリーがないミュージカルの代表、ということがちゃんと載っていました。

全編を通じて一貫したストーリーが進行するブックミュージカルと、ストーリーが無いブックレスミュージカル(またはコンセプトミュージカル)がある。ブックレスミュージカルの代表例としては『CATS』や『コーラスライン』が挙げられる。

ミュージカル - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB

「ブックミュージカル」「ブックレスミュージカル」という言葉をここではじめて知りました。

私は映画や演劇や本を見るときにできるだけ「そのものに関する情報」をシャットアウトしたいと思うほうなので CATS を観にいったときも「猫が出てくるミュージカル」というぐらいの本当にアバウトな基礎知識で行きました。というのは、他の人の具体的な感想や鑑賞のポイントをあんまり頭に入れてしまうと、ついそれを確認しがちになってしまいやすいし、なるべく先入観の少ない状態で観たいと思っているので。

そうはいっても「CATS はブックレスミュージカル」というのは私にとってけっこうクリティカルな情報だったので知ってから行っていれば良かったと思います。事前情報の匙加減というのもなかなか難しいところがあるかもしれません。

でも、同じく Wikipedia の CATS の項目を見ても「CATS はブックレスミュージカル」という情報は載っていないんですよね。ミュージカルファンにとってこの情報はあたりまえすぎる情報なのか、それともブックミュージカルもブックレスミュージカルもほとんど同列に扱えるのか、「原案は詩集」というあたりでそれを察することができるのか…ちょっと不思議です。

Links

ミュージカル - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB
キャッツ (ミュージカル) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%84_%28%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%29


ハードコンタクト試用中

Posted at Tue, 20 Dec 2005 in life

試用ということでハードコンタクトを処方してもらいました。
ハードコンタクトはソフトに比べると良い点がたくさんあるのですが、一番の欠点は装用感、なのだそうです。
ごろごろします。しています。

今までずっとコンタクトはソフトを使っていたのですが、ここ半年ぐらいは、もういいや、とコンタクトレンズ自体をほとんどつけずに眼鏡の生活を送っていました。
職場がエアコンききまくりで乾燥するのがつらかったのと、手入れがめんどくさくなってしまったからです。あとつける手間とはずす手間が、ですね。

ところが、ハードだと酸素透過性もかなりいいし、乾きにくいし、そして手入れは装着するとき(≒朝)でいい、ということを最近知りました。ソフトコンタクトだとはずしたあと(たいていは夜寝る前など)に洗わないといけないので、家に帰って疲れたー、もう寝る、というようなときにはずすのがとてもめんどくさかったんです。

たまたまメニコンのメルスプランという定額制のコンタクトを使っていて追加料金無しでハードにも変更できるということに気がついたので、ものはためしにと軽い気持ちでハードに挑戦してみています。

試用は1ヶ月。ハードが駄目だったらメルスプランを解約して眼鏡+ワンデー併用に戻る予定です。



新幹線あさまは全席禁煙

Posted at Mon, 19 Dec 2005 in life

帰省のため新幹線の空席情報を調べていると、席があれば「○」なければ「×」のはずなのにどの便でも喫煙席が「-」になっていました。
私はタバコを吸わないので禁煙席でかまわないのですが、まさか新幹線で全面禁煙はないだろう、と思っていたらなんとあさまは2005年の12月10日から全席禁煙なのだそうです。

JR長野新幹線:10日から全席禁煙 /長野

 JR長野新幹線の全車両が、10日から全席禁煙化された。これに合わせてJR長野駅のホームには、排煙設備を整えたハウス式の喫煙スペースが設置された。JR東日本長野支社では「2時間以内の乗車なのでご理解いただきたい」と喫煙者に協力を求めている。

JR長野新幹線:10日から全席禁煙 /長野:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/nagano/news/20051211ddlk20020150000c.html

今のところ他の新幹線で全席禁煙というのはないようですが、次世代新幹線「N700系」も全席禁煙になる予定ということです。

JR東海とJR西日本では、2007年春から導入予定の次世代車両「N700系」を全座席禁煙にすると発表(ただし、デッキ部数カ所に個室型の喫煙スペースを設けるため、全面的に禁煙となるわけではない)。

週刊OCNスペシャル:social:新幹線の禁煙車両拡大。いずれは全面禁煙になる?:ブログ人
http://ocnspecial.blogzine.jp/weekly/2005/09/post_4360.html