« さくらのレンタルサーバで Twitter bot を動かす | Main | Brother のプリンタ、Mymio DCP-595CN を買った  »



Thu, 15 Apr 2010

W-ZERO3 Ad[es] で使っている Twitter クライアント

Posted at Thu, 15 Apr 2010 in life::mobilephone

アドエスこと Advanced[es] で最近使っているTwitterクライアントです。
ブラウザ経由でモバツイも m.twitter.com もそれなりに便利なので、用途にあわせて併用しているという感じ。

今回取り上げるのは「ちーたん」と「moTweets」です。前者が国産、後者はたぶん海外産。そして誤解を恐れずに言い切ってしまうと前者がWindowsアプリらしいといすれば後者はMacのアプリっぽい。ちーたんがフツーの Web だとすれば、moTweetsは Web2.0 っぽい。そんな印象があります。

ちーたん

ちーたんシンプルでわかりやすいUI、軽快な動作、必要十分な機能を備えた Twitter クライアントだと思います。スクリーンショットをみると縦型表示にしたときにボタンの位置が少し残念なことになっているのがわかるかと思いますが、難点はそのぐらいで、おすすめです。
アイコンの表示機能はありません。screen name と文字だけがずらずらと画面にならんでいきます。このアプリで私が気に入っているのは起動している間どんどんログがたまっていくところ。読みぬけはあるけれど重複は発生しませんし、簡単に過去の発言に戻れます。Tweet を自動更新にすることもできますが私はだいたい手動更新でつかっています。

moTweets

ちーたんとにかく自己アピールが大好きな機能満載アプリ。アカウント情報を登録しようとすると一緒に moTweets のTwitterアカウントをフォローするかどうかも聞かれます。その発想が新しくてこれもひとつのユーザビリティなのかと思いました。でもデフォルトでチェックが入っているのはあまり嬉しくない。
ただ無料版のほうを使っているので、そのせいなのかもしれません。ちなみに広告も表示されます。
機能が多すぎてなにをアピールしたらいいかよくわかりませんがUIがとにかくすべります。私の想像によるiPhoneアプリってこんな感じかもしれません。当然アイコンも表示、screen name 以外の名前での表示がデフォルトです。
moTweetsですごくいいと思ったのは「つぶやき」Windowsが別の画面になっているところ。ただでさえ狭い WM の画面で常に発言用のテキストボックスを表示している必要なんてないんですね。タイムラインを眺めるときはそれに集中できるし、うっかり発言ミスしたりすることも少なそうです。
Twitpic含む3つのサービスへの写真投稿機能、複数のURL短縮サービスが利用可能、GPSにも対応可能(Ad[es]はデフォルトで持っていないですが)、さらに複数アカウントにも対応しています。
ただしこのクライアントはTwitterの「現在のタイムライン」しか取得してくれないので、「更新」を押すと一気にがつっと25件とかとってきて表示するだけです。まさにTwitterの「なう」を眺めるためのアプリです。

というわけで

最後はいろいろインストールして好みで決めたらいいと思います。他に動作実績があるものとしては Smatter もあるのですが、これはあまり私と相性がよくなかったので紹介は割愛します。具体的にいうとデフォルトの文字サイズが小さすぎてつらかったり、screen name が途中までしか表示されなかったりしました。あとどうしても「自動更新をオフにする」が見つけられなかった。うっかりこれで1日中つなぎっぱなしになっていたことがあります(他のクライアントにもありますがSmatterは自動で接続する機能がついています。それも多少の切断にはめげないやつが)。

私はメインはちーたん、サブは moTweet、人をフォローするときは m.twitter.com と使い分けています。

« さくらのレンタルサーバで Twitter bot を動かす | Main | Brother のプリンタ、Mymio DCP-595CN を買った  »