« 内田樹『日本辺境論』 | Main | マダラトビエイのハンコを買いました »



Wed, 17 Mar 2010

西澤保彦のミステリ『身代わり』を読んだ

Posted at Wed, 17 Mar 2010 in book

身代わり

身代わり
西澤 保彦
幻冬舎 / ¥ 1,470 (2009-09)
 
Amazonで詳細を見る


タカチ&タックシリーズ(匠千暁シリーズ)の番外編的な作品。もちろんこの2人も登場はするんだけれどもそれよりも他のキャラクターのほうが色濃く出ている感じでした。
飲み会の大好きな先輩が1人で一生懸命物語を回しているような印象。

でもこのコンビの出てくるシーンの鮮烈さは他のキャラクターではやはり出ない気がします。きっとまた、ミステリなんて関係なくてもいいので(というわけにはいかないのかもしれないですが)ふたりが主役の物語が出てくれることを期待しています。

彼らの物語を未読の方は、シリーズのほかの作品から読むことを作者と同じくおすすめします。

解体諸因 (講談社文庫) 解体諸因 (講談社文庫)
西澤 保彦
講談社 (1997-12-12)

彼女が死んだ夜 (角川文庫) 彼女が死んだ夜 (角川文庫)
西澤 保彦
角川書店 (2000-05)

麦酒の家の冒険 (講談社文庫) 麦酒の家の冒険 (講談社文庫)
西澤 保彦
講談社 (2000-06-15)

仔羊たちの聖夜(イヴ) (角川文庫) 仔羊たちの聖夜(イヴ) (角川文庫)
西澤 保彦
角川書店 (2001-08-24)

スコッチ・ゲーム (角川文庫) スコッチ・ゲーム (角川文庫)
西澤 保彦
角川書店 (2002-05-24)

依存 (幻冬舎文庫) 依存 (幻冬舎文庫)
西澤 保彦
幻冬舎 (2003-10)

黒の貴婦人 黒の貴婦人
西澤 保彦
幻冬舎 (2003-11)

身代わり 身代わり
西澤 保彦
幻冬舎 (2009-09)

« 内田樹『日本辺境論』 | Main | マダラトビエイのハンコを買いました »