« MacBook、今度の故障はキーボード | Main | USB ハブ購入 »



Mon, 13 Apr 2009

MacBook の HDD 換装

Posted at Mon, 13 Apr 2009 in computer::mac

80GB の HDD ではいい加減ディスク容量が足りなくなってきたのでまくぶくの内蔵 HDD を交換することにしました。

準備したもの

まずはノート用の2.5インチ内蔵 HDD。今回購入したのはこれ。マックブック対応と明記されていたので特に迷わず購入。

それと、バックアップ用に同じ 500GB の外付け HDD。これは持ち歩きができるタイプのものを選びましたが、特に持ち歩く用途はなく、外部電源がいらないというメリットのためです。ちなみに内蔵 HDD の容量 500GB はこのバックアップ用 HDD の店頭で売っていた一番大きいものから逆算(用法間違い)で算出されました。 マックは OSX 以降 USB 接続の HDD からの起動が可能になっているので、いざとなったらこの HDD から起動できるわけです。

それから百均でマイクロドライバー(プラスとマイナスのセット)

データの移行用のソフト、SilverKeeper。(普段はデータバックアップ用に使用しています)

換装とデータの引っ越し

まず SilverKeeper で HDD の中身をバックアップ用外付け HDD にコピーし、マウント可能な状態にしておく。

500円硬貨でMacBook のバッテリをはずし、プラスドライバーでメモリとハードディスクのカバー状のものを外して、短い辺の方から HDD を金属のカバーごと抜き出す。それからカバー(黒いネジで固定されている)をはずす。このネジが普通のネジじゃないので六角レンチでも必要かと思ったが、マイナスドライバーで難なく外れた。難関クリア。このへんの詳細はハードディスク付属のマニュアルに詳しく書いてありました。

500GB のほうの内蔵ハードディスクの説明書を見ながら、絶縁シートを貼り(これは必要なかったかも)、シリアルナンバーを貼る。

HDD を交換して、カバーを装着、最初とは逆の手順でバッテリまでつける。物理的な作業はこれで終了。

MacBook に外付け HDD を装着し、Option キーを押したままで起動して(押さなくてもいいかも)外付けハードディスクから OS を起動する。

ディスクユーティリティ(アプリケーションフォルダにあるユーティリティフォルダ内に存在)を使用して「消去」を開き、新しい HDD を MacOS 拡張で消去(フォーマット)名前は一応前のハードディスクに準じて Macintosh HD。

SilverKeeper で新しい HDD にデータをコピー。

データのコピーが完了したら再起動して内蔵ハードディスクから起動できることを確認しておしまいです。

« MacBook、今度の故障はキーボード | Main | USB ハブ購入 »