« MacBook から AH-K3001V(京ぽん)のデータにアクセスする | Main | CrossOver Mac »



Sat, 05 May 2007

定額制音楽配信サイト eMusic で音楽を買う生活

Posted at Sat, 05 May 2007 in computer

MP3 music downloads at eMusic プラハ! でチェコの音楽が気になってからこの国の音楽を購入しようといろいろ試した結果、eMusic が意外に品揃えが良いということが判明したので最近はここで音楽を買っています。定額制で○曲まで、と決まっている(30日ごとにリセット)ので iTunes Store みたいに1曲から買えるという訳ではないですが、最初は25曲までタダでダウンロードできるので、もし気になる曲がちょっとだけある、というような場合にはこれを利用するのがお手軽です。ただしクレジットカード番号を要求されるのと、ちゃんと解約しないと自動的に定額制プランになって翌月から請求が発生するので要注意。
ダウンロードに特殊なソフトも必要なく、ファイル形式も DRM フリーの MP3 なので取り扱いが簡単です。タグもついてます。

定額のプランはこんな感じです。日本のクレジットカードで普通に購入可能。

というわけで最低プランでも毎月1200円強ぐらいの出費が必要です(年間割引制度もあります。2年契約で最大25%)。曲数が足りない場合には途中でプラン変更も可能で、ほかにチャージ方式で購入することもできます。(Booster Pack)これは 10曲 5.99ドルから。ただしこの Booster Pack だけの購入というのはできず、とにかくどれかの定額プランに入る必要があります。

J-Pop とかはあるのかな…検索してみたことがないのでよくわからないんですが、あんまりないと思います。意外と伝統芸能系の純邦楽はあって、Koto(琴)なんてキーワードで検索すると結構いろいろひっかかります。それからクラシックも、充実しているかはよくわかんないんですがたぶんそこそこあるんじゃないかと。
それから試聴がほとんどすべての曲で可能です。(数十秒程度ですが)私は最近試聴がめんどくさいのでとりあえずアルバムのなかから1曲ダウンロードしてしまうんですが…。

TSUTAYA なんかでアルバムを借りるのとコストパフォーマンス的にどちらが良いかというと CD レンタルなんじゃないかという気がするんですが、たくさん、いろんな種類の音楽を聴くという人は併用してみると面白いと思います。てことで最後メリットデメリット簡単まとめ。

eMusic のデメリット

eMusic のメリット。オススメポイント。

これで日本語サイトができて1曲単位で買えれば文句ナシなのですが、現状でもメリットある!て人もけっこういると思います。私のような片言英語でもなんとか使えてますので興味がある人は試してみてくださいまし。



あと裏技。Basic プランで解約しようとするともっと安いプランに変更できる場合があります。条件とか不明なのと、たぶん3ヶ月でまたBasicプランに戻されちゃいますが、なんかこういうところが憎めないのです、eMusic。

« MacBook から AH-K3001V(京ぽん)のデータにアクセスする | Main | CrossOver Mac »