« Firefox でタブをいっぱい開きたいとき - Vertigo と Tab Sidebar | Main | 『アンビエント・ファインダビリティ』出版記念イベント »



Fri, 28 Apr 2006

Wikipedia に「図書館情報学用語の一覧」がある

Posted at Fri, 28 Apr 2006 in computer

図書館用語のマークって MARK だっけ MARC だっけ、ということが突然気になって調べたら、Wikipedia図書館情報学用語の一覧が存在することを知りました。

図書館情報学用語の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/図書館情報学用語の一覧

マークは M の項に載っていました。MARC が正解でしたが、記事はまだかかれていないようです。
知らない分野に踏み入るときに、こういった用語の一覧があるというのはけっこう重要なことかもしれません。Wikipedia はこうやってディレクトリ的なアクセス方法もちゃんと提供しているんですね。

他にどんな一覧があるのか探してみると「一覧の一覧」というのもありました。「用語の一覧」もこの中に章がが設けてありますが、「図書館情報学用語の一覧」は載ってないみたい。

一覧の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/一覧の一覧
一覧の一覧#用語・略語
http://ja.wikipedia.org/wiki/一覧の一覧#用語・略語

一覧、というカテゴリもあって、こっちには載っていました。ものすごいいろんな一覧があって楽しそうです。

Category:一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%B8%80%E8%A6%A7

ちなみに MARC というのは Machine Readable Catalog の略称で、コンピュータで可読可能な形式の図書データベースのことです。Amazon で本の紹介文が「内容(「MARC」データベースより)」となっていたりしますね。

« Firefox でタブをいっぱい開きたいとき - Vertigo と Tab Sidebar | Main | 『アンビエント・ファインダビリティ』出版記念イベント »