« del.icio.us Extension on firefox | Main | moblosxom 導入方法まとめ on Blosxom »



Mon, 12 Dec 2005

春の雪

Posted at Mon, 12 Dec 2005 in theater

なんで今時分に(ブームでもないし死後○年というのでもないしそもそも古い文学小説を映画化して観客があつまるのだろうかというご時世なのに)三島由紀夫をやるんだろう、と思いながら映画「春の雪」を見に行ったのですが、その疑問はとくに氷解されないまま帰ることになりました。
たぶん「春の雪」という作品が面白いから、というだけの理由だと思います。もう少し現代風な脚色とか解釈とかが入っているかと思っていたのですが(現代版にアレンジされた「真珠夫人」みたいに)、そういうものは一切ありませんでした。
純愛ブームの波にのったということなんでしょうか。

「春の雪」は三島由紀夫原作の小説を映画化したもので、監督は行定勲、主演は妻夫木聡・竹内結子です。舞台は明治時代。侯爵家の子息・松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家令嬢・綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみ。聡子は清顕を慕い言葉や行動の端々にそれをのぞかせるが清顕は取り合おうともせず、親友の本多と聡子を結びつけようとさえする。しかし聡子の縁談が決定したことを契機に清顕は自分の心に気づき────。

主演の妻夫木聡と竹内結子がとても素晴らしかったです。妻夫木聡はウォーターボーイズにも池袋ウェストゲートパークにもでていて、しかもウォーターボーイズでは主演だったらしいのですがさっぱり記憶に残っていません。池袋ウェストパークを観たのだって2ヵ月前ぐらいなのですが…。

原作がやはり古いので口語としても古く、セリフが固かったりくどかったりするので前半セリフに喋らされている感があったのですが、次第に演技がどんどん良くなっていきました。清顕の狡さや非道さがものすごく良かった。それに翻弄される聡子の目の表情がとてもせつないのです。

見終わったあとはしばらく呆然としていました。すごいものを見たな、とぼんやりそれだけを思っていました。

要するに清顕がお馬鹿なお子様だったという話だともいえるのですが、それでもやはりスクリーンを通してなにか私を圧倒してくるものがありました。本当にすごい。

みんな映画館で清顕の阿呆っぷりを堪能してきたら良いと思うのです。少なくとも私は堪能してきました。

最後にどうでもいい話を。清顕のパジャマの趣味についてつっこみたかったのですが、どんどん映画の緊迫感が高まっていってしまうので最後までツッコミ損ねた感が残っています…。
清様、もうちょっと安眠できるパジャマをお召しになったほうが良いのでは。

« del.icio.us Extension on firefox | Main | moblosxom 導入方法まとめ on Blosxom »